けん玉のコツ(初心者向け)


 けん玉初心者に覚えて欲しいテクニックをまとめました。これからけん玉を始める人も、始めてすぐに躓いてしまった人も、ここに書いてあるポイントを押さえて練習すればきっとすぐに壁を越えられるでしょう。


穴の位置に気を配る


 大皿からスパイクに繋げる場合、穴が自分側を向いているかどうかでメイクのしやすさには大きな違いが出てきます。穴の位置が視認できなければ玉をどの方向にどれくらい動かせば最適な角度になるのかが把握できません。さらに玉を回転させる量も多くなるので力加減も難しくなります。

 「もしかめ」のようなトリックをやる時も穴の位置(玉の向き)に注意しなければなりません。

 もしかめは適当にプレイするとジャンプの度に玉の向きが変わり、ストリングが暴れてしまいます。穴が常に自分側を向いている=玉が同じ向きを保っている状態でプレイするように心がけましょう。

 穴が視認できるということは、次の手を考えるための材料を持っているということ。 

 穴の位置がコントロールできるということは、ストリングの位置(伸びる方向)をコントロールできるということ。 

 やみくもに乗せるクセをなくせばトリック習得のペースは飛躍的に向上します。


穴の位置のコントロール

 続いて穴の位置のコントロール方法を解説します。

 ストリングは玉の中心から伸びているので、ストリングを前後左右に引けば玉は引いた分だけ回転します。 この回転操作と皿に乗せるための引き上げ動作を同時に行うことで穴の位置をコントロールします。

 回転操作が強すぎれば玉は余計に回ってしまいます。回転操作にばかり気を取られていると玉が皿まで上がってきません。やみくもに玉を引き上げても穴は明後日の方向を向いて皿に乗ります。

 前後、左右、上下。それぞれの方向に対して加える力の量を把握するにはどれかひとつの方向に意識を集中させて練習するのがおすすめです。前後なら前後。左右なら左右。その方向のコントロールだけを練習するのです。

 玉を回転させる(または引き上げる)ために必要な力は使っているけん玉によって異なります。まずは練習に使うけん玉を1本に固定して、そのけん玉で玉の動きを分析しましょう。

 

 


スパイクのパターン

 大皿からスパイクへと繋げるパターンをいくつか紹介します。状況を分析し、最良な次手を考えてプレイしましょう。


コツをつかむと練習は楽しくなる

 玉の動き、けんの動き、ストリングの動き。回転のかけ方。技のコツをつかんだ途端、冗談抜きで100回に1回くらいしかできなかったできなかった村一周が何度も決まるようになり、村一周を覚えた日に県一周、日本一周、世界一周…宴会で披露する程度の技は出来るようになりました。

 

 

 現在も成功率を上げるために日々練習しているのですが、技が全然決まらなかった時期と比べると練習がとても楽しくなりました。マグレではなく、練った作戦と動きによって一度でも技が決まれば、次への希望が持てる。モチベーションが維持される。これは他のスキルトイでも、スポーツでも同じ。自分の努力と工夫が産んだ結果は自身を支える何よりの原動力となるのです。

 

 

 もしかめは連続皿系の基本。村一周は皿からスパイクへ繋げる技の基本です。まずはこのふたつをしっかりマスターしましょう。このふたつができ るようになれば、けん玉は今よりもっと楽しくなるはずです!