バインドのやり方


現代のストリングトリック用ヨーヨーの多くは長時間スリープと複雑なトリックへの対応を実現するために「手で引いても戻ってこない」仕様になっており、それらを戻すためには「バインド」という特殊なトリックを行う必要があります。

 

バインドがどんなトリックか一言で言うと「意図的にストリングを噛ませるトリック」です。ヨーヨーの回転方向に対して巻き込まれやすい方向からストリングを掛けることでレスポンスとストリングを触れさせてストリングを巻き取るのです。

 

基本のトリックでも、スリープが足りなくて出来ないようなトリックは引き戻しの数倍もの回転時間を持つバインドヨーヨーを使うことで解決します。ただしバインドが出来ない限り「キャッチ出来ない=成功したことにはならない」ので、出来る限り早い段階でバインドを覚えておくことをおすすめします。

 


ストリングを掛ける方向

ストリングを適切な方向から掛けずにバインドを行うとスカりやすいだけでなく、ヘンな形でストリングが噛んでしまうことがあります。

 

ストリングが噛んでいると知らずに次のスローを行うと思わぬ事故や怪我につながりかねません。正しい方向から適切に噛ませたバインドをマスターすること、そして無闇に強スローしないことが大切です。現代のヨーヨーはヨーヨー自体がよく回るようになっているのでよほどのロングコンボでない限り力いっぱいの強スローをする必要はありません。

 

フロントスタイル(タテ系)の場合、ヨーヨーの手前側からストリングを掛けます。「ブレインツイスターとは逆の掛け方」という風に覚えましょう。

 

ストリングを掛けたら輪を親指で押さえ、そのままTHを上に引っ張ります。引っ張る瞬間にFHを離すとヨーヨーが手に戻ってきます。

 

サイドスタイル(ヨコ系)の場合、TH側からストリングを掛けます。「トラピーズを下から掛けた形(リバーストラピーズ)」という風に覚えましょう。そのまま手を交差させ、交差の瞬間にFHを離すとヨーヨーが手に戻ってきます。

使用ヨーヨー:ダンカン「フリーハンドプロ」


特殊なバインド

バインドには上記ふたつの基本形の他に様々なやり方が存在します。人前でプレイする時にサマになるものが多いので余裕が出てきたらこちらも練習してみましょう。

プラスティックウィップをTH側に振り、人差し指を抜くとバインドになります。AAAをプレイする際に必須となるバインドなので習得しておくことをおすすめします。

サイドスタイルのスリーパーをTH側に振り、ヨーヨーを引っ張りあげて「THのすぐ下」のストリングに当てるとバインドになります。デキる奴感のある?カッコいいバインドです。慣れない内は顔にヨーヨーが飛んでくることがあるので気をつけて練習しましょう。

サイドスタイルのスリーパーをまっすぐ引き上げ、宙を舞っているヨーヨーにストリングをぐるりと1周巻きつけて行うバインドです。地味に見えますがこのページで紹介しているバインドの中で最も難しいやり方になります。

バインドのバリエーションが増えると普段の練習も楽しくなっていきます。トリックと合わせてどんどん覚えていきましょう!

使用ヨーヨー:ダンカン「フリーハンド」