ヨーヨーの「すべり」


「トリック中のヨーヨーまたはストリングがスムーズに動くかどうか」

 

その良し悪しは「すべり」という言葉で表されます。

 

動きが詰まることなくスムーズにプレイできるなら「すべりが良い」、逆に詰まってトリックに支障が出ているなら「すべりが悪い」となります。

 

ここではプレイヤーを悩ませるすべりの悪さの原因について解説します。ヨーヨーがうまく動かない時は下記の点を確認してみてください。

 

 


すべりが悪くなる原因

①ストリングと軸受けが固定されている 

ボールベアリングモデルのヨーヨーを使用する場合、ベアリングに対しストリングはシングルループ(1重巻き)で掛けられます。

 

これは「実質の軸」であるベアリング外周に掛けられたストリングがヨーヨーの動きに対しスムーズに動けるようにするためです。

 

よくわからないという人は試しに手元のストリングプレイ用ヨーヨーを「3重巻き」にしてプレイしてみてください。

 

ストリングがベアリングに固定され、すべりはとても悪くなります。

 

これはベアリング外周とストリングの関係が「固定軸」に近い状態になるためです。ベアリング外周とヨーヨー本体の関係はボールによって切り離されているのでスリープはしますが、スムーズなストリングプレイは難しくなります。

 

この「固定現象」は重ね巻きをしなくても発生します。 

 

例えばストリングのヨリが極端にきつい場合です。 ストリングはベアリング外周を締め付け、自身をベアリングに固定してしまいます。

 

プレイ中のヨリ管理はスラックやウィップを適切に行うためのみならず、すべりが良い状態をキープする意味でも重要なのです。

 

また、ベアリング表面が汚損している場合も固定現象に近いすべりの低下が発生します。

 

表面の酸化、サビ、オイルの付着が一例です。ベアリング表面の状態も定期的に確認しましょう。

 

 

②ストリングが劣化している

ストリングは使うほどに劣化していきます。細い繊維の毛羽立ちが増えるとそれらがレスポンスに触れてすべりを阻害します。

 

さらにそういった細い繊維同士が度重なるヨリ調節によって絡み合うとヨリ調節をしてもベアリングに掛かっている輪の部分が開かなくなります。

 

使い込んだストリングを交換するためにヨリを緩めようとしてうまく2本に分かれなかった経験はありませんか?それこそが「輪が開かなくなった状態」です。

 

そこまで劣化してしまうとスラックやウィップの輪を保つためのヨリ(ストリングテンション)は変化しても、上記の「固定現象」を解消することはできません。

 

ルーピングヨーヨーの戻りが調節できなくなる現象もストリング先端の輪が開かなくなったことが原因です。

 

ストリングは簡単に2本に分けることができるうちに交換することをおすすめします。

 

 

③ストリングがレスポンスに触れている 

レスポンスはその高い摩擦抵抗を利用してストリングを巻き取る部位です。リターン以外のタイミングでストリングが触れた場合、当然ながらストリングの動きを阻害します。

 

パッドレスポンスの場合、基本的にボディとパッドがツライチになっていれば問題ありませんが、ヨーヨーによってはレスポンスが若干低めの方が良い場合もあります。

 

どうしてもしっくりこない時はシリコン充填のススメで触れている「下敷き紙パーツ+薄めのパッド」を使うか、ヒケ(収縮)を考慮したシリコン充填を行ってレスポンスを低くしてみましょう。低くしすぎると今度はスカりが発生するのでほどほどに。

 

関連項目:シリコン充填のススメ

 

 

 

④ストリングが重なっている 

基本トリック「トラピーズ」を例に解説します。

 

「トラピーズ」状態のヨーヨーの軸上には「掛けられているストリング先端」と「マウント位置のストリング」という2本のストリングが存在します。このときストリング先端のループの上に重なるようにもう一方のストリングが乗っているとスムーズさが失われ、すべりが悪くなります。 

 

曲面加工ベアリングで感じられることがあるすべりの悪さが好例です。カーブ形状によってストリングが中央に集中し、重なったりぎゅうぎゅう詰めになっているのです。 

 

なんの特徴もない標準ベアリングと誤解されがちな「フラットベアリング」はストリングが横並びに乗る面積が広いので、この重なりや隣接によるすべり低減が起こりにくいという強みを持っています。

 

余談ですが、セパレーターが一般的ではなかった時代、スターバーストやオーリングレスポンスが主流だった時代にコンケイブベアリングが重宝されていたのは「③の問題を解決してくれるから」というのが大きな理由でした。

 

 

現在はセパレーター有りのボディ設計とツライチのレスポンスが主流なので、その時代ほど③の問題を意識する必要はなくなりました。

 

 

⑤手が汗ばんでいる 

ベアリングと同じく手や指もストリングが掛かる重要な部位です。汗ばんでいる状態ではスムーズさが失われます。

 

ヨーヨーが万全な状態でもすべりが悪いと感じた時は自身の手に問題がある可能性を疑いましょう。汗や皮脂をしっかり洗い流す、パウダー配合の制汗剤を塗布する、グローブをつけるといった対策が有効です。

 

関連項目:ヨーヨーのグローブ

 

 

⑥テクニック不足

ヨーヨーに負荷がかかる動き(ストリングの巻き込みが起こりやすい動き)をする場合、それを軽減するようにヨーヨーをコントロールしないとすべりが悪く感じられることがあります。

 

例えばダブルオンの解除やジェイソンスリングのようなマウント状態で「トラピーズと逆方向の回転」をする動きです。コンディションが万全なヨーヨーでもプレイヤーの動きが精彩を欠くものであればすべりは悪くなります。無駄のない最適なムーブを常に研究しましょう。

 

 


プレイヤーが気をつけてこそ

このようにすべりが悪くなる原因は様々で、かつ複合的です。すべりの良し悪しはヨーヨーだけに依存するものではなく、プレイヤーのケアにも大きく左右されます。

 

意図的にすべりが悪い状態にしたワンスター。ストリングのヨリはきつく、ストリング同士は重なり合い、指のコンディションも悪いとサイズCでもここまですべりが悪くなります。

 


 

すべりが悪い=ヨーヨーやストリングの性能が低い、とは限りません。ヨーヨーの状態、レスポンスやストリングとの相性、テクニックの向上にも目を向けられるようになるとヨーヨー選びの視野もぐっと広くなります。