フィンガーホールについてのあれこれ


デッドホール

ストリングは商品によって先端に輪が作られているものとそうでないものがあります。

 

この「最初からある輪」は「デッドホール」といいます。この輪を「フィンガーホール」と呼ぶ人がいますが、正確にはフィンガーホールを作るための輪なのでフィンガーホールとは別物です。

 



実は怖いデッドホール

デッドホールが最初から作られている場合は注意が必要です。既成のデッドホールすべてがしっかりと結ばれているとは限らず、フィンガーホールにした瞬間、またはプレイ中に解けてしまう可能性があるのです。特に結び目から伸びる切りしろが極端に短い、またはまったく無い個体はかなり危険です。

 

とても大切なことなのになぜか語られない、気にされない。不思議でなりません。いままで気にしていなかった人はこれを機に注意してみてください。

 


デッドホールのつくりかた

デッドホールの作り方はとても簡単です。ストリングを二つ折りにした状態で二本まとめて固結びするだけ。多くのトリックブックにおいてこの結び方が紹介されています。これぞスタンダード。ほとんどの人がこの作り方をしていると思います。

 

一方、僕はちょっと変わった作り方をしています。子どもの頃ボーイスカウトでならった結び方の応用です。

 

 

まず希望の長さになる位置で固結びし、余計な部分を切り落とします。Kストのデフォ状態と同じ。しっかりキツく結んでおきましょう。

 

もう一度固結びの手順で結び目を作ります。

 

完全には結ばず、結び目を大きく開いたままにします。

 

ストリング先端を結び目の中に通し、そのあとキツく結びます。

 

これで完成です。

 

このデッドホールの利点は「ストリング先端を引っ張ると輪が崩せる」点です。納得のいくサイズになるまで何度でもデッドホールを作り直すことが出来るのです。2Aや3Aのように左右の長さを揃える必要があるスタイルに適した結び方です。

 

一般的な結び方よりストリングを長く使えるのも大きな利点です。数ミリ~数センチの差ですが、デフォ長が短いストリングを使う場合はかなり効果的な対策となります。