ヨーヨーの戻りとオイルについて


「ヨーヨーはオイルを注すと戻りが強くなる」

 

ヨーヨープレイヤーなら誰でも知っているお約束です。ではなぜオイルで戻りが強くなるのか、その理由については知っていますか?

 

ここでは写真を交えつつヨーヨーが戻る仕組みとヨーヨーにおけるオイルの役割について解説します。

 


ストリングが巻き取られる仕組み

まずはストリングが軸に固定されているタイプのヨーヨーを見てみましょう。駄菓子屋さんで売られているヨーヨーや、コカコーラヨーヨーのビギナーモデルがこのタイプです。

 

 

 

ストリングが軸に固定されているので、軸が動くとストリングも同じように動きます。スローしたヨーヨーがストリングの先に達するとそれまでに得たエネルギーを使って逆回転を起こし、その回転に追従する形でストリングが巻き取られていくのです。

 

次は固定軸のヨーヨー。シングルループでストリングを掛けている場合、ストリングと軸は固定されていません。

 

 

 

 

軸が回ってもストリングは巻き取られません。このシングルループ状態でストリングを巻き取るにはどうすればいいと思いますか?

 

 

 

ひとつはヨリの調節。ヨリをきつくして完全固定に近い状態を作ればシングルループ固定軸でも完全固定ヨーヨーのような挙動を実現できます。

 

 

 

 

もうひとつはストリングのテンションを下げる方法。みんながいつもやっている「手をチョンと引く動作」です。

 

手を引く→ヨーヨーが浮く→ストリングのテンションが下がる(たるむ)→シングルループの弱い巻取り力でもストリングを巻き取れるようになる

 

ストリングのテンションを下げたことによってヨーヨーはストリングを巻きとることができるようになりましたが、これだけだと完璧に巻き取れるとは限らないんです。

 

 

 

 

大元が固定されていないので、どうしても「ふんわりした巻き取り」になってしまうのです。

 

これをサポートしてくれるのがレスポンスです。レスポンスがストリングをガッチリ掴んでくれればストリングはしっかりと巻き取られます。

 

手を引く→ヨーヨーが浮く→ストリングのテンションが下がる(たるむ)→軸がストリングを巻き取る(初期巻き取り)→ストリングがレスポンスに触れる→レスポンスがストリングを巻き取る(本巻き取り)→ヨーヨーが手元に戻る

 

ヨーヨーってすごい。よく考えられてるなあ。

 

 

 

 

ちなみにダブルループ(二重巻き)にするとシングルループでヨリをきつくした時よりも完全固定ヨーヨーに近い状態になります。

 

続いてプラスティックベアリング(スプール)の場合を見てみましょう。

 

 

懐かしのファイヤーボールです。軸の上にベアリングを乗せ、そのまた上にストリングが乗る形になります。

 

 

ストリングはダブルループでベアリングに掛けられています。この部分はダブルループで取り付けられた固定軸ヨーヨーの軸と同じ状態になっているといえますね。

 

 

 

で、これが軸の上に乗るとこうなります。ストリングとベアリングは完全固定のような関係、ベアリングと軸はシングルループ固定軸のような関係になるわけです。

 

平滑に成形されたプラスティックベアリングは繊維で出来ているストリングよりも摩擦抵抗が小さいのでベアリングヨーヨーは固定軸の何倍も長く回ります。

 

長く回ってくれるのはありがたいのですが、ここで新たな問題が発生します。

 

ベアリングの存在によってストリングと軸はある意味隔離された関係になっています。このままだと先ほど説明した「初期巻き取り」ができないのです。

 

初期巻き取りが起こらないと本巻取りも起こらない。

 

チョンチョン手を引いてストリングを暴れさせればいつかはレスポンスに触れて本巻取りが起こるかもしれないけれど、きれいに巻き取られるとは限らない。

 

どうすればいいのでしょうか。

  

ここで登場するのが「オイル」です。

ベアリングと軸の間、数ミクロンの隙間にオイルが入り込むと、その粘度によってベアリングと軸の関係性が高まります。ヨーヨーの回転方向にベアリング(とそれに繋がっているストリング)が追従するようになる。これなら手を引くことで初期巻き取りを発生させることができます。

 

これがヨーヨーにオイルを注すと戻りやすくなる理由です。オイルは初期巻き取りのサポート役だったわけです。

 

一方、オイルをたっぷりつけたら逆に戻りが悪くなることがあります。これは溢れたオイルがレスポンスやストリングに付着することで本巻取りを阻害しているためです。オイルは適量を注すようにしましょう。

 


ボールベアリングヨーヨーの場合

今度はボールベアリングヨーヨーについて考えてみましょう。

 

ボールベアリングは内部に設置されたボールによって内輪と外輪が独立して動くベアリングです。

 

シングルループなのでストリングと外輪は固定されていません。内輪は軸を含むボディ(ベアリングロック)と固定されています。

 

ベアリングの内輪と外輪はボールによって切り離された関係なので…プラスティックベアリングの更に上を行く回転時間を実現してくれるのです。

 

当然この状態も初期巻き取りが発生しないので、引き戻しで使いたいときは外輪と内輪の間、すなわちボールベアリング内部にオイルを注す必要があります。ハイパーヨーヨーなどの説明書では軸やベアリングの側面にオイルを注すように指示されていますが、これはシールドの隙間から内部にオイルが浸透することをねらっているからです。内部への浸透が見込めないほど少量のオイルを側面につけても戻りは変化しません。

 


バインドヨーヨーとオイル

 

バインドヨーヨーにもオイルを注して使うプレイヤーは少なからず存在します。僕もそのひとり。

 

一見「戻らなさ」と「長時間スリープ」 が魅力のヨーヨーを台無しにしているような行為。なぜそんなことをするのでしょうか。代表的な理由を紹介します。

 

ひとつはベアリング寿命をのばすため。ボールベアリングは元々注油して使う機械部品です。内部をオイルで満たすことによって防錆、ボールや保持器の摩耗防止、部品のがたつき低減による安定した動作などの効果が得られます。それら効果をもたらすオイルを抜いてしまう使い方のほうがイレギュラーといっていいでしょう。

 

ヨーヨーのベアリングも同じ。ドライ状態で使っていれば注油状態よりも早く寿命が訪れる可能性があります。工業用を流用したベアリングで数百円程度。ヨーヨー用として販売されているものなら千円以上。消耗品として決して安いものではありません。できるだけ長く使っていきたいところ。そのために役立つのがオイルというアイテムなのです。

 

もうひとつの理由はフィーリングの変化を楽しむため。ヨーヨーというおもちゃはコンマ数ミリの差、コンマ数グラムの差によってフィーリングに大きな変化が現れます。となればベアリング内部を満たすオイルによってフィーリングが変わるのも当然の結果。成分、粘度、注油量。オイルを研究することによって今あるヨーヨーをさらに自分好みのヨーヨーに変身させることができるんです。

 

あとは…静音性の向上。ヨーヨーによっては回転音がうるさいモデルもあります。特に共鳴部分があるモデルは夜間のプレイがはばかられることも…ベアリングに注油すると回転音がある程度落ち着きます。音量を下げたい、好みの音に変えたいという理由で注油する人もいます。

 


愛用しているオイルの紹介

ヨーヨーが戻る仕組みとオイルの役割についての解説、いかがだったでしょうか。オイルはとても奥が深いアイテムです。ぜひ色々なオイルを使って遊んでみてくださいね。

 

最後に僕が愛用しているオイルの紹介をしてこのコーナーを終わりたいと思います。現行品で特にオススメの製品には★マークを付けているので興味があったら手に入れてみてください。

 

ハイパーヨーヨーメンテナンスオイル(第1期) 

第1期ハイパーのときに販売されていた伝説のオイルです。他に代えがたい絶妙な粘度があり、今でも「これじゃないとダメ」な人がいるほど。僕としては必需品ではないのですが好きなオイルであることに変わりはありません。1A~5Aすべてのヨーヨーで使いみちがあります。

 

ハイパーヨーヨーメンテナンスオイル(第3期) 

2010年に始まったハイパーのオイルです。中身はYYFと同じなのかな?いわゆるさらさらタイプでナイスペ系のヨーヨーや1Aヨーヨーのフィーリングコントロールに使っています。

 

ハイパーヨーヨーメンテナンスワセリン

第1期から第3期まですべてのシーズンで販売されているワセリン系オイルです。注油しやすい構造の容器が使われているので咄嗟の使用に強いモデル。高温になると液化するため常温の室内と炎天下、照明の真下ではヨーヨーのコンディションまで変化します。これを利用してドライヤーなどで温めたベアリング内部に液化したワセリンを流し込み、冷却し内部でペースト状態に戻すという裏技も使えます。

 

ヨーヨージャムオイル 

ヨーヨーメーカー製としておそらく世界で初めて2タイプ同時にリリースされた液体オイルです。ループ用はけっこうな粘度があるのでビギナー向けの貸し出しヨーヨーに使っています。

 

★ダンカン ルーピングオイル

ダンカン純正のオイルです。ジャムルーピングよりも少しだけ粘度が低いオイルです。主にスピードビートルに使っています。

 

ダンカン リューブ・オブ・ルブ

ワセリンタイプのオイルです。温度による状態変化が少ないのと容器からの液漏れが少ないのが魅力。ティーチング時の持ち運び用のオイルとして重宝しています。

 

トリフロー テフロングリス

ベテランプレイヤーにはおなじみのグリスです。自転車の可動部に使用するためのグリスなので耐久性も温度変化のなさもピカイチ。ガッツリ戻したいヨーヨーに使っています。

 

ヨーデル プロフェッショナルヨーヨーオイル

第1期ハイパーのときに販売されていたオイルです。第1期メンテナンスオイルとダンカンルーピングオイルの中間くらいの粘度で、それらではしっくりこないヨーヨーに使っています。消耗するのがちょっと早い?かも。

 

★ワンドロップ V4M

さらさら系オイルの決定版!詳しい組成は不明ですが他のさらさら系よりも微妙にさらさらしています。ジャバジャバ系といってもいい?10ボールベアリングとの相性がよく、ワンドロップのヨーヨーに1/4滴ほど注すと最高になめらかなフィーリングになります。

 

★KURE 5-56 無香性

プラスティック部品にも使える5-56です。5-56らしい浸透力と耐久性が魅力。特に気に入っているのはフェルトペンタイプで、使い始める前にペン先を鋭く整えておくとヨーヨーの軸やベアリング側面にピンポイントで注油できる素晴らしいメンテナンスアイテムになります。トランスアクセルとの相性は抜群で必要最小限の注油をいとも簡単に実現してくれます。もちろん1A用としても使えます。おすすめ。購入の際は「無香性」であることを確認してから購入してください(通常版はプラスティックを痛めます)