AAAの基本トリック


ツーハンド・スリーパー

 すべての基本「スリーパー」です。まずは利き手ではない方の手で行うスリーパーを完璧にしましょう。ルーピング用のヨーヨーを持っている人はそちらで練習したほうが効率的です。

 

 どちらの手でもスリーパーできるようになったら両手同時のスローに挑戦しましょう。体の正面、左右どちらかに流す、ふたつのヨーヨーをできる限り近づける、両手を極端に離す、など様々なパターンの投げ方ができるように練習してください。

 

 ふたつのヨーヨーの角度が平行にならないときは、まず片方だけ先にスローしてもう片方をその角度に合わせてスローする方法もあります。しかしながらこれは根本的な解決にはならないので、早めに同時スローを覚えてください。

ワンハンド・バインド

 バインドメンテのヨーヨーを使用する場合に覚えておきたい時短バインドです。構造はとても単純。「プラスティックウィップ」をして、ヨーヨーを横に放りつつ人差し指に掛かっているストリングを抜くだけです。右手なら体の右側、左手なら体の左側に放ります。

 ヨーヨーがうまく戻ってこない時はヨーヨーを少し斜め上目がけて放ってみてください。オフストリングの「マジックワインド」と同じ要領です。両手で行うバインドと比べてストリングが噛みやすいバインド方法なので次の投げだしには十分注意しましょう。

ガンスリンガー

 お手軽かつ派手に見えるお得なトリックです。

 ※解説は右利きの場合を例にしています

 

①両手同時にスリーパー。

②右手のヨーヨーをブレインツイスターの要領でマウントする。

③左手の人差し指にかかっている輪を右手人差し指にかける。

④同じ行程をもう片方の手で行う。

⑤両手ともマウントしたら好きなパターンで回してキャッチ。

 

 両方同じ方向に回す、左右逆回しする、左右のタイミングをずらす、など様々なパターンがあります。「クルクルミルク」のように腕をクロスさせることもできます。回転によってヨリが偏るとヨーヨーが急に戻ってくることがあるのでヨリのコンディションには常に気を配ってください。

アシステッド・ブレイン・ツイスター

 

 片方のヨーヨーをFHの代わりに使うトリックを「アシステッド系」といいます。まずは難易度の低いブレインツイスターに挑戦してみましょう。

 ※解説は右利きの場合を例にしています

 

①左手のヨーヨーをスリープさせる。

②スリープさせたヨーヨーのストリングを手のひらに巻き付け、手とヨーヨーの間隔を縮める。

③ほどよく巻き付けたら巻き終わりの部分を親指と人差し指でつまむ。

④右手のヨーヨーをスリープさせる。

⑤左手のヨーヨーの軸に右手のヨーヨーのストリングを掛け、ブレインツイスターを行う。

⑥サマーソルト後、右手のヨーヨーを左手のヨーヨーから外し、キャッチする。

⑦左手に巻いたストリングをほどき、ヨーヨーをキャッチする。

 

 ブレインツイスターマウントをするのに時間がかかりすぎたり、トリック中に両手を張り過ぎるとヨーヨーがジャイロしてミスにつながります。すばやく、なめらかなブレインツイスターを心がけましょう。

 左手に巻く量の調節がうまくいかないときは、手のひらではなく「人差し指の付け根」にも巻いてみてください。指に巻くと長さの微調整がしやすくなります。

ベルベット・ロール

 AAAの代表的トリックであり、ロール系の基本トリックです。

 ※解説は右利きの場合を例にしています

 

①両手同時にスリーパー。

②右手のヨーヨーをブレインツイスターの要領でマウントする。

③右手のマウントが終わったらその流れのまま左手もマウントする。

 この時、先にマウントした方のヨーヨーは前方に出す。

④両手のヨーヨーがブレインツイスターマウントの状態になる。

⑤前方にある方のヨーヨーを自分側へサマーソルトする。

 サマーソルトの動きと同時進行で自分側にある手を前に突き出す。

⑥両手の位置関係が④の状態と逆になる。

⑦同じ要領で「サマーソルト」「手の入れかえ」を連続して行う。

⑧マウントした時とは逆の手順でほどき、ヨーヨーをキャッチする。

 

 最も注意すべきポイントは「両手の間隔が近くなりすぎないよう注意する」ことです。両手が近すぎるとサマーソルトがうまくできない上、サマーソルトしたヨーヨーが勢いあまって待機中のヨーヨーにぶつかることがあります。

 

 前方にあるヨーヨーをマウントしている手は「ピンと張る」

 自分側にあるヨーヨーをマウントしている手は「小さい前へならえ」

 

 これくらいの気持ちで両手の間隔を広くとりましょう。両手の間隔を広く保ち、なめらかにサマーソルトする。これがベルベットロールです。交互にサマーソルトしているだけ。それなのに最高に楽しい、最高にカッコいいトリックです。これができれば一人前のAAAプレイヤー。頑張って習得しましょう!

ツーハンド・トラピーズ

 マスターした時の感動度MAX。最初の壁と呼ぶには高すぎる壁。しかし不可能ではない。ツーハンドトラピーズに挑戦しましょう!

 

①両手同時にサイドスロー。

②ふたつのヨーヨーを体の正面ですれ違わせる。

③手元までヨーヨーがあがってきたら人差し指を支点にヨーヨーをマウントする。

④マウントを解き、キャッチする。

 

 手順的にはこれだけです。構造も簡単です。それなのに難しい。

 

 注意すべき点は3つ。力任せにトラピーズしないこと、ふたつのヨーヨーの前後関係をしっかり決めてから練習すること、そして最適な両手の間隔を知ることです。

 

 シングルハンドのトラピーズを思い出してください。力いっぱい投げずとも、綺麗な半円を描くよう軌道を保てばヨーヨーは容易くFHの位置まで達します。この感覚を頭に叩き込み、両手で行う。力いっぱい投げても軌道がずれたりヨーヨーが床にぶつかったりと良いことがありません。力ではなく技術でヨーヨーを動かす。まずは片手ずつ、両方のトラピーズをしっかりマスターしてください。

 

 次にすれ違う際の前後関係把握について。右のヨーヨー、左のヨーヨー。どちらが前で、後ろですれ違うのか。これを決めておきます。決めないままヨーヨーを投げても迷いが生じ、結果ヨーヨー同士が衝突してしまう。ツートラあるあるです。本格的な練習に入る前に優しくヨーヨーをスローして、自分はどちらを前に(後ろに)したほうがやりやすいかを把握しましょう。

 

 最後は両手の間隔。広すぎればトラピーズが成立しませんし、狭すぎるとマウントで失敗してしまいます。片手ずつのトラピーズでストリングの長さに合わせた最適な間隔を測っておきましょう。

 

 この3点に注意しながら練習を続けていればいつか、かならず、ヨーヨーが乗ります。頑張ってください!